VOICE/a'sプロファイル

ワークライフバランス

Q:1日あたりの残業時間はどれくらいですか?

グラフ

閉店後の作業の少なさがこの結果に表れているのではないでしょうか。薬歴作成が閉店後になってしまうと、残業時間が膨らんでしまいます。もちろん、アルファームでも残業が増えてしまう日があると思いますが、それでも7割を超える方が「30分未満」と回答しています。家族や友人と過ごす時間、リフレッシュする自分の時間もしっかりとれているようです。

Q:他社調剤薬局や病院・ドラッグストア勤務の薬剤師に比べて、
有休は取得しやすいと思いますか?

グラフ

一人ひとりが複数他社を経験してきたわけではないので、断言はできません。しかし、学生時代の友人から話を聞いていたり、中途社員の実体験から判断してこの結果となりました。勤務年数によって支給日数に個人差はありますが、店舗従業員は年平均12日程度の有休を消化しています。これは支給日数あたり8割程度の消化率となっており、「有休が取得しやすい会社」といえそうです。

Q:他社に比べて、ヘルプ体制は整っていると言えそうですか?

グラフ

全国的にみても、薬剤師の数は十分足りているとはいえない状況です。店舗あたりの薬剤師数がギリギリという環境も、珍しくありません。有休が欲しい場合はどうするのでしょう…。そんなときの判断基準となるのが、他店からのヘルプ体制。胸を張って他社よりも優れていると言える結果ではありませんが、「同等かそれ以上」という実感があるようです。みなさんをお迎えすることで、もっと向上させていきたいですね。

Pick Up

  • 長期休暇はもちろん、有休の消化率も高いので、国内だけでなく海外旅行も計画できます。
  • 「遊ぶときは遊ぶ、やるときはやる」ができている会社です。上司も有休消化や連休を推奨してくれる環境です。
  • わたしは、毎年沖縄と北海道に旅行しています。
  • 以前の職場は店舗当たりの人数が少なく、ヘルプに行ったり来てもらったり。患者さんとの距離がなかなか近づきませんよね。
  • 祝日が入っている週も週休が入るので、他社より休みが多く、恵まれた環境だと思います。
  • 夜ご飯を家族全員で食べられるのって、今では貴重なのかもしれませんね。
  • 確実な週休と取得消化できる有休、そしてヘルプ体制の整備は会社選びの大切なポイントです。
  • 毎週木曜日にエアロビでリフレッシュしています!