VOICE/a'sプロファイル

薬剤師としてのやりがい

Q:取り扱っている処方箋の幅の広さや量はいかがですか?

グラフ

大きな病院前の門前薬局では、幅広い処方箋を診ることができます。枚数も多く、知識の幅が求められる環境です。専門性に特化した処方箋を扱える店舗では、じっくり知識を深めることができるでしょう。
個人の目指すステージによって満足度の基準はさまざまですが、薬剤師として活躍する舞台は十分整っています。

Q:教育や研修など、スキルを磨く環境は整備されていますか?

グラフ

福利厚生の一環として、メディカルナレッジを無料で受講できます。認定薬剤師対応のWEB研修システムで、空いている時間や自宅からでも勉強することが可能です。その他、会社オリジナルのラーニングや学会参加など、バランスよく学べる環境が用意されています。

Q:医療貢献やスキルアップの面で、
大手調剤薬局や病院勤務の薬剤師に引けを取りませんか?

グラフ

「こちらの方がいい」という回答では、勉強をする時間的余裕があるからという声が多く寄せられました。メーカーや薬剤師会主催の勉強会も数多く開催され、最善の調剤・服薬指導に向けた知見を深める場に積極的に参加できる環境があります。
また、日本薬剤師会学術大会では日頃の研究テーマを発表。例年高い評価をいただいています。

Pick Up

  • 精神科領域のスペシャリストを目指しています!
  • 本人に勉強の意志があれば、遠方の研修でも参加させてもらえます。
  • 薬剤師は6年でなれますが、学びは一生続きます。常に情報のアップデートが必要です。
  • メディカルナレッジで認定薬剤師を取得しました。
  • 残業が少ないので、薬剤師会が主催する勉強会にも参加しやすいです。
  • 学術大会に積極的に参加しているので、薬剤師としてのモチベーションが上がりますね。
  • 実務実習認定薬剤師の資格をとって、薬学生や新入社員の教育に携わりたいです。
  • バックアップ体制は整っているので、あとは本人がやるかやらないかです!